宅配買い取りのデメリット

査定の結果に満足できない時に質問しづらい

ブランド買取には店頭買取と宅配買取の2つがあり、近場に店がない場合は送るだけで査定を受けられる宅配買取がおすすめです。ただ、宅配買取にはデメリットがあるため、覚えておきましょう。宅配買取のデメリットは、査定結果に満足できない時に質問しづらいことです。店頭買取はブランド品を持ち込むと目の前で査定を行ってくれることから、査定結果に満足できない時はその場ですぐに質問できますし、納得するまで説明をしてもらえます。また、買取金額アップの交渉もお願いしやすいですが、宅配買取はスタッフがどのように査定を行っているかわかりません。また、査定の結果をメールで報告される場合は、金額に満足できないからといって電話をかけるのは手間がかかりますし、メールでのやり取りは対面の場合に比べると時間を使うでしょう。

店頭買取よりも手続き終了まで時間がかかる

店頭買取は混雑していなければ待ち時間はなく、すぐに査定を開始してくれるので短時間でブランド買取は終了するでしょう。そのため、急いでいる時でも利用しやすいです。しかし、宅配買取は配送の手続きをしてから業者に届くまで時間がかかるだけではなく、何番目に査定を受けられるのかわかりません。また、査定の結果を教えてもらったり、同意の返事をしたりなどやり取りが必要ですし、それが終わってようやく買取の代金が口座に振込されます。どうしても時間がかかってしまうため、買取を終えるまでのスピードを重視している場合には向いていないでしょう。ですが、時間がかかっても良いという考え方なら、ブランド品を送るだけで済むので便利です。